アスコルビン酸

アスコルビン酸とはビタミンCの一種です。
ただのビタミンCではなく抗酸化ビタミンとして有名な成分です。
一般的にビタミンCは体内に維持しておくことが難しいといわれています。

ですが、ニキビや色々なジャンルの化粧品はビタミンCをうまく取り入れることにより
他の成分と良い反応があるというのも化粧水等に詳しい方であればご存知かと思います。

そして体内で維持できないという問題点を解決するのが、
このアスコルビン酸です。
抗酸化ビタミン、ビタミンC誘導体といった働きをしますが、それが
どの様なものかというと、人間の体に入った後に体の中で酵素反応を起こして
始めてビタミンCになるのです。

ビタミンCは壊れやすい成分として有名ですから、
化粧品会社、サプリメント会社等でビタミンCと絡めた製品をうまく作っているところは
このアスコルビン酸を使っています。

 アスコルビン酸が配合されている当サイトで紹介しているニキビ化粧品は
ビーグレン大人ニキビ セット(お試し)のCセラムという製品の中に使われています。

有効な成分として知名度も付いてきている成分ですのでアスコルビン酸が入っているコスメがほしい
という方は上記ページでご検討下さい。