ラウリルジメチルアミノ酢酸ベタイン

ラウリルジメチルアミノ酢酸ベタインは、
ヤシ油などの植物脂から得られる脂肪酸やアミノ酢酸ベタインなどを用いて合成される両性界面活性剤です。

優れた起泡力や、刺激が少ない点、、ほかの陰イオン界面活性剤との相溶性がよく、
低温下でも安定していることから、シャンプーの基剤としてや、化粧品の起泡剤として用いられる成分です。

ラウリルジメチルアミノ酢酸ベタインが配合されたコスメをご紹介

  • 草花木果どくだみ[大人のニキビ] トライアルセット
    上記セットに含まれる、整肌洗顔石けん・どくだみに配合されています。