親油型ステアリン酸グリセリル

親油型ステアリン酸グリセリルは、
グリセリンステアリン酸(高級脂肪酸)を結合させることで精製されるノニオン合成界面活性剤です。

乳化作用、分散作用、浸透作用をもち、医薬品や食品、歯磨き粉のほか、
化粧品、石鹸、シャンプーなどに使われています。

化粧品では、乳化剤、合成界面活性剤、エモリエント剤の役割で、
乳液やクリーム、美容液などの製品に幅広く使用されている成分です。

親油型ステアリン酸グリセリルが配合されたコスメにはアクネスラボ(Acnes Labo)セットに含まれる、
 薬用クリームがあります。