PCA-Na(dl-ピロリドンカルボン酸ナトリウム液)

PCA-Na(dl-ピロリドンカルボン酸ナトリウム液)とは
PCA(ピロリドンカルボン酸)が塩の形で存在する自然保湿因子の一つです。

実際に人間の皮膚にPCAというものが存在することからPCAは自然保湿因子になりますが、
塩の形で存在しないとあまり効果を発揮しないそうです。

その問題点をPCA-Na(ピロリドンカルボン酸ナトリウム液)は解決しています。
大豆や野菜類に含まれる成分ですが、各自化粧品会社の配合により
ピロリドンカルボン酸ナトリウム液は使われます。

角質層に浸透して保湿効果があり、低刺激というメリットがある
化粧水等に利用されていることが多いです。
(化粧品以外にも美容系の製品で利用されいます。)

難しいので、dl-ピロリドンカルボン酸ナトリウム液をかみ砕いて説明するとこうなる!?

元々人間の体に存在するにある大事なうるおい、保湿成分のPCAを化粧品会社などが
製品に入れたら良くなる!と思いうつくのは当然なのですが、
PCAをうまく効果的に体に取り込むには人体が受け入れられる形に変形しなければいけなかった。。。
そこでPCA-Naという形に変形することを成功したので化粧水とかで効果的に用いられるようになったとさ。
という感じになると思います(笑)!(ご参考までですが)

dl-ピロリドンカルボン酸ナトリウム液配合のコスメが気になる方はこちら